沖縄 海 | KURAGE online

沖縄 海 | KURAGE online

「 接続水域 」 の情報 

尖閣周辺に中国船4隻

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域で28日、中国海警局の4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視が確認した。尖閣周辺で中国当局のが確認され

中国による尖閣諸島近辺への侵入頻度の増加により高まるリスク

日本防衛省の発表では、ここ数か月の間に中国旗を掲げる舶が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に連続で違法侵入したことを受け、日本政府は

防衛白書と米中対立 抑止力一辺倒でなく対話も必要

海警局に武器使用を認めた海警法は、以前から海警沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域で活動を活発化させてきたこともあり、さらに緊張を高める

中国公船、150日連続侵入に懸念 加藤官房長官

加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、中国海警局の舶が沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域に150日連続で侵入したことを明らかにし、「

中国警船、150日連続で尖閣沖の接続水域を航行

第11管区海上保安本部(那覇市)は12日、沖縄県石垣市の尖閣諸島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)と領海で、中国海警局の計4隻を

尖閣周辺に中国船 122日連続

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で14日、中国海警局の4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視が確認した。

尖閣周辺に中国公船 117日連続

尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域で9日、中国海警局の4隻が航行、漂泊しているのを海上保安庁の巡視が確認した。

日本「中国、尖閣接続水域に112日連続で侵犯」「最長記録を更新」

日本の海上保安本部は4日午前12時頃、中国の海警4隻が沖縄県の尖閣諸島(中国名、釣魚島)の接続水域を航行した事実を確認したと発表した。

【視点】中国のワクチン外交と台湾、沖縄

今年2月には中国が武力で漁などを攻撃することを認める海警法を一方的に施行し、日本への威嚇を強めている。 尖閣周辺の接続水域を航行する

尖閣諸島警備 切れ目のない体制で領域守れ

沖縄県・尖閣諸島沖の接続水域で、中国の進入が続いている。2月13日に ... だが、海警局の巡視保有数は海保の約2倍に上るという。中国

Copyright© 沖縄 海 | KURAGE online , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.